« 2012年6月のアクセスランキング | Main | デジタル家電の「オープン&ソーシャル化」は何をもたらすか──Mobile5勉強会から »

モーションキャプチャで操縦するロボットが人と対戦するゲーム「V-Sido x RIC忍者マスター」の動画

Google I/O 2012で展示された「V-Sido x RIC忍者マスター」の動画が公開されました。人と身長120cmのロボットが、グローブをはめて人と対戦しています。ロボットはAndroidデバイスが制御し、人の動きをモーションキャプチャして操縦しています。

RIC_V-Sido1

デモを開発した会社は日本のロボットベンチャー、アールティです。 このデモは、次の複数の要素から成り立っています。

  • 身長1.2mのロボットRIC(アールティが開発)
  • リアルタイムにロボット演技指導(操縦)できるソフトV-Sido(吉崎航氏が開発)
  • モーションキャプチャのシステム(Xtion Pro Live)
  • システムを制御するAndroidタブレット(ロボットの頭部)
  • Androidタブレットに外部入出力を付けるADK mini(アールティが開発)

デモとしての「見所」は、人の動きをキャプチャしてロボットを操縦し、しかも歩行動作と組み合わせている点。動画の後半では、本当に人とロボットが拳を接触している様子が分かります。そして、タブレットの表示もちょっとかわいくてゲーム風で、さらにゲーム音楽(!)まで付いています。

技術的なポイントは、次の2点です。(1) Androidタブレット上のソフトウエアがシステム全体をコントロールして、ロボットへの指令だけでなく当たり判定(センサーによりダメージ/ヒットを判定)やカウントによるゲームとしての機能を備えていること。動くロボットを取り入れたゲームシステムのサンプルとしても面白いと思います。(2) 「歩きながらモーションキャプチャで上半身を操縦する」ことが可能。これは非常に難易度が高い技術とのことです。デモでは下半身(歩行)の制御と上半身の制御をそれぞれ別のプレイヤーが行っています。

アールティが公開したGoogle I/Oでの展示の様子の動画です。

V-sido x RIC Ninja Master in Google I/O 2012

このほか、WebメディアLAPTOPが取材ビデオ入りの記事を掲載しています。

Android-Powered “Ninja Master” Robot Wants to Punch You -

関連記事:

|

« 2012年6月のアクセスランキング | Main | デジタル家電の「オープン&ソーシャル化」は何をもたらすか──Mobile5勉強会から »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モーションキャプチャで操縦するロボットが人と対戦するゲーム「V-Sido x RIC忍者マスター」の動画:

« 2012年6月のアクセスランキング | Main | デジタル家電の「オープン&ソーシャル化」は何をもたらすか──Mobile5勉強会から »