« 人類皆移動民、市場経済の終着点で「個人の力」が社会を変える──ノマドの黙示録『21世紀の歴史』を読む | Main | Microsoftが新タブレット「Surface」で垂直統合に戦略を転換したことに衝撃を受けた人たち »

Windows Phone8発表で、今どきのスマートフォンではモダンなOSカーネルが当たり前になった

2012年6月20日、MicrosoftはWindfows Phone 8を発表しました。公式Blogでは、この新バージョンの特徴として「Windows 8と同じコア・テクノロジ」を採用したことを挙げています。

その意味を考えてみましょう。

6786.StartScreen_Maria35_00AF4A40

まずWindows Phone 8発表の情報源です。次の記事が参考になります。

公式Blogの記事で最初に強調されているのは、Windows Phone 8が、Windows 8と「同じコア・テクノロジ」をベースとする、という記述です。

つまり従来のWindows Phoneが採用していたWinodws CEカーネルを捨て、Windows NT系カーネルを採用したのです。

Windows Phone 8のNT系カーネル採用により、最新のスマートフォンOSのカーネル技術は次のようになります。

  • iOSは、MacOS Xと共通のMachカーネルを採用
  • Androidは、LinuxカーネルとDalvik仮想マシンの組み合わせ
  • Windows Phone8は、Windows 8と共通のWindows NT系カーネルを採用

最新のスマートフォンOSが、すべてモダンなOSカーネルを採用した格好になります。マルチコアのサポート(Windows Phone 8の場合は「64コア」まで)や、現代的なプロセス(タスク)管理といった特性が、スマートフォンでも当たり前のように利用できるようになります。

少し前までのスマートフォンでは、SymbianやWindows CE系のように、「組み込み系=リソースが限られる計算機」を前提としたOSが使われていたのですが、今どきのスマートフォンは1GHz動作のARMコアや512Mバイト以上のメモリが当たり前となっています。モダンなOSカーネルを採用することは、もはや大胆なことではなく、普通の事になってしまいました。

歴史的には、UNIXよりも軽量なOSを目指した研究開発がブームになった時期もあるのですが、結局の所、UNIXの一族と(LinuxはUNIXクローンとして誕生・成長したOSですし、Machも結局はUNIXクローンとして使われています)、それに対抗したWindows NT系がスマートフォンの世界でも幅をきかせるようになりました。

手のひらに収まるスマートフォンで、Machカーネル、Linuxカーネル、Windows NTカーネルが動いている──こんな話を20年前の自分に聞かせても、「進歩がないね」などと言われそうな気がします。MachもLinuxもWindows NTカーネルも十分に良く役割を果たしているので、苦労して代替品を作る気にもならない、というのが本当のところでしょう。

そして、Windows NT系カーネルを採用したことによるメリットだけでなく、その上のレイヤーでどれだけ勝負できるかが、Windows Phone 8の今後を決めることになるのでしょう。

|

« 人類皆移動民、市場経済の終着点で「個人の力」が社会を変える──ノマドの黙示録『21世紀の歴史』を読む | Main | Microsoftが新タブレット「Surface」で垂直統合に戦略を転換したことに衝撃を受けた人たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Windows Phone8発表で、今どきのスマートフォンではモダンなOSカーネルが当たり前になった:

« 人類皆移動民、市場経済の終着点で「個人の力」が社会を変える──ノマドの黙示録『21世紀の歴史』を読む | Main | Microsoftが新タブレット「Surface」で垂直統合に戦略を転換したことに衝撃を受けた人たち »