« Google I/O 2012キーノートでNexus 7、Nexus Q、Google Glass試作版を発表 | Main | 日本オラクルの説明会でJava EE6事例とJava EE7のクラウド機能の説明を聞く »

アールティが人間とロボットが格闘するゲーム「V-Sido x RIC忍者マスター」を Google I/O 2012で展示

日本のロボットベンチャーのアールティが、開催中のGoogle I/O 2012で「人間とロボットがバトルする」格闘ゲーム「V-Sido x RIC忍者マスター」を展示しています。

このシステム、ちょっと凄いです。アールティによれば「人とロボットが対戦するゲームはおそらく世界で初めて」ということですが、本当に闘っています。

まず、下のシステム全体像を見てください。

RT_ninja1

ロボットは身長120cm。アールティの等身大ロボット「RIC」を使っています。

Androidを搭載したタブレット(ロボットの頭部)と、Androidデバイスと外部入出力端子を連携させるADK(Android Open Accessory Development Kit)ボード「ADK mini」により、ゲームシステムを構成しています。ロボットの操作では、リアルタイム演技指導ソフト「V-Sido」を利用しています。

ロボットの操作は、上半身と下半身でそれぞれ別のプレイヤーが担当します。「Attackプレイヤー」の上半身の動きをモーションキャプチャで取り込み、リアルタイムでロボットに反映させています。モーションキャプチャに使っているデバイスは「Xtion Pro Live」です。もう一人の「Walkプレイヤー」は、ゲームパッドでロボットの歩行を指令します。この2人のプレイヤーの指令を合成してロボットを操作しています。

一方、対戦するプレイヤーは、グラブをはめたロボットと格闘し、そのさいの物理的な接触をセンサーにより検出、「ダメージ」と「ヒット」を判定しています。

軽量で大きなロボットRICと、ロボットのリアルタイム演技指導ソフトV-Sido、それにADKとXtion Pro Liveという要素技術を組み合わせることで、前例のないデモを実現しています。

これはぜひ現場で見てみたい展示です。

追記:

その後、動画が公開されています。次の記事で紹介しています。

関連記事:

|

« Google I/O 2012キーノートでNexus 7、Nexus Q、Google Glass試作版を発表 | Main | 日本オラクルの説明会でJava EE6事例とJava EE7のクラウド機能の説明を聞く »

Comments

既にありますよ

http://www.youtube.com/watch?v=Lc9AalmdWCY&feature=channel&list=UL

Posted by: rei | June 30, 2012 11:17 PM

ご指摘ありがとうございます。リンク先の動画を見ると、Kinectと思われるデバイスで人の動きをキャプチャしてロボットを動かし、人と戦うかのようなデモを行っています。ただし動画を見る限り、「当たり判定」のようなゲームシステムとしての機能は見せていないようです。この記事で紹介したシステムはインタラクティブであり、かつ当たり判定などコンピュータゲームの仕組みを取り入れた「ゲームシステム」なので、デモの性質が違うのではないでしょうか。

Posted by: 星 暁雄 | July 01, 2012 10:16 AM

おっしゃる通りです
私が書き込んだリンク先のデモは"ゲームシステム"では無いようですね。
早とちりして申し訳ありませんでした。

Posted by: rei | July 01, 2012 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アールティが人間とロボットが格闘するゲーム「V-Sido x RIC忍者マスター」を Google I/O 2012で展示:

« Google I/O 2012キーノートでNexus 7、Nexus Q、Google Glass試作版を発表 | Main | 日本オラクルの説明会でJava EE6事例とJava EE7のクラウド機能の説明を聞く »