« AndroidとJavaの著作権をめぐるOracle-Google裁判の記事をまとめてみた | Main | 「Blogを書く」ということ(前編)当Blogの立ち位置のこと »

HTML5アプリがサクサク動く、サムスンが披露したTizen搭載スマートフォン実機のデモを見る

サムスン、Intelらが推進するスマートフォン向け新OSであるTizenの開発者向けカンファレンス「Tizen Developer Conference」が、米サンフランシスコで、5月7日〜9日にかけて開催されています。それに伴い、Tizenの最新像に関する情報が次々と公開されています。

Tizen Developer Conference

A Detailed Look At Tizen on Samsung’s First Prototype Device - The Handheld Blogには、このカンファレンスの現場でサムスン製のTizen搭載スマートフォンのプロトタイプ実機を操作する動画(下記参照)が掲載されています。

動画で見る限り、通知パネルの開閉、ブラウザの拡大縮小、地図アプリの動作など、各種UI操作はおおむね快適そうに見えます。

今回公開されたTizen搭載スマートフォンは、Android搭載の最新機種と同等のスペックを持ちます。Tizen Developer Smartphone Device Spotted (updated) - Tizen Talkによれば、プロトタイプのスペックは以下のようになっています(細部には追って訂正が入るかもしれません)。

  • デュアルコア、1.2GHz動作Cortex A9
  • 4.65インチSuper AMOLED
  • 1GB RAM
  • 16GB ストレージ
  • 8Mピクセルの背面カメラ
  • 2Mピクセルのフロントカメラ
  • micro USB端子
  • WiFI
  • GPS
  • Tizen1.0搭載
  • 対応フォーマットはMP3、AAC、AAC+、MPEG-4、H.263、H.264

こうして見ると、このプロトタイプはサムスン製AndroidスマートフォンのGalaxy Nexusに近い内容です。

サムスンはAndroidスマートフォンの最大手で、Android搭載機のヒットにより世界最大の携帯電話メーカーの地位を獲得した訳ですが、Android以外のソフトウエア・プラットフォームも同時に手がける姿勢です。その一つとしてサムスンが独自開発した「Bada」があり、その後継としてTizenを位置づけます。Googleが支配的な力を持つAndroidに比べると、Tizenはサムスンにとってよりコントロールが効くプラットフォームといえます。現時点でのサムスンの稼ぎ頭はAndroid搭載スマートフォンですが、上の動画を見てもTizenに相当の開発リソースを注いでいる様子が伝わってきます。

今のiOSやAndroidの開発スタイルは、プラットフォームで使われているプログラミング言語とフレームワークを用いてネイティブアプリを開発するスタイルです(Dalvik仮想マシンの上で動くAndroidアプリをネイティブと呼ぶのはおかしい、という人もいますが)。アプリケーションをHTML5で記述してWebViewで動かすスタイルのアプリや、JavaScriptや他のスクリプト言語でスマートフォンアプリを開発できるツールも登場していますが、今のところ主流とはいえません。

一方、Tizenではハードウエア・アクセラレーションを効かせて高速化したプラットフォームの上でHTML5アプリを動かす、というコンセプトを打ち出しています。下記の動画(Tizen Developer Conferenceに参加されたGClue佐々木陽さん提供)を見ると、HTML5アプリがサクサクと動いています。

今後のスマートフォンアプリの技術動向を見る上で、HTML5指向のTizenが完成度が高まりつつあるということは興味深いと思います。

|

« AndroidとJavaの著作権をめぐるOracle-Google裁判の記事をまとめてみた | Main | 「Blogを書く」ということ(前編)当Blogの立ち位置のこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HTML5アプリがサクサク動く、サムスンが披露したTizen搭載スマートフォン実機のデモを見る:

« AndroidとJavaの著作権をめぐるOracle-Google裁判の記事をまとめてみた | Main | 「Blogを書く」ということ(前編)当Blogの立ち位置のこと »