« 「次期Nexusは5機種?」──背景にGoogleの対メーカー戦略変更、アプリ開発者は困惑気味 | Main | NTTドコモと角川書店の合弁会社で「アニメストア」運営、角川以外のコンテンツも提供 »

NTTドコモ発表会で聞いた「ドコモクラウド」概要と17機種のAndroid4.0搭載機をだいたいメモ

NTTドコモの夏モデル発表会に行ってきました。写真中心に発表内容をメモしておきます。

NTTドコモ山田社長
今回は、各種Android搭載機をバババっと紹介、「ドコモクラウド」、「安心安全」「快適」「バッテリーの持ち改善」などの取り組みを強調。わずか30分弱のプレゼンテーションでこれだけの情報量を喋るのは、相当事前の準備があったことと拝察。
P1080300

Galaxy SIIIを手にする山田社長
P1080307

CMに出演している渡辺謙さん
普通にスマートフォンを扱う様子がいちいち「絵になる」のはさすがです。
P1080406

CMに出演している堀北真希さん
この方も「絵になる」属性の方です。
P1080443

以下、プレゼン内容と気になったスライドを。

NTTドコモのドコモのスマートフォン年間販売数は、252万台(2010年度)→882万台(2011年度)→1300万台(2012年度)と急上昇中。

この夏モデルでは、19機種中17機種にAndroid4.0搭載。 LTEサービス「Xi」対応機種も12機種に(WiFiルーター1機種含む)。 NOTTV対応は5機種。

画面サイズのバリエーションを各種揃えた。コンパクトな機種が好みの人、大画面で電子書籍を読みたい人、それぞれのニーズに対応。

  • 3インチ台、4機種
  • 4インチ台、10機種
  • 5インチ台、2機種

「らくらくスマートフォンF-12D」も目玉機種。

「大きなボタン、読みやすい文字サイズ。3つのワンタッチダイヤルボタン。はっきりボイス、ゆっくりボイス。買ってすぐ使えるよう、Googleアカウントの設定にはあえて対応せず。しゃべってコンシェルを組み合わせれば、ITに不慣れな人、シニアにも。らくらくパケ・ホーダイ。らくらくスマートフォンが対象。500MBまでで安い」。

「らくらくスマートフォン」向け通信プラン
月500Mバイトを上限に、パケット通信料を2980円/月に。「通信料金が高い」とスマートフォンを敬遠していたシニア層を取り込む。
P1080345

操作性を改善
画面スクロールをなめらかにするため、全機種で50fps以上の性能確保を目標とした。
P1080346

コラボケータイを紹介
P1080351

バッテリー環境を改善
新機種は全体にバッテリー容量を大きくした。また1時間で充電できる急速充電機能付きの機種を2機種用意した。
P1080355

「ドコモクラウド」を打ち出す山田社長
通信事業者が提供するクラウドを、企業向けクラウド事業者とは区別して「ネットワーククラウド」と呼び、NTTドコモが提供するサービス群を「ドコモクラウド」として紹介。
P1080357

ドコモクラウドの狙い
狙いはずばり「土管化を防ぐこと」。質疑応答ではネットワークにクラウドがある(通信事業者がクラウドを運営する)ことのメリットとして、「例えば自動翻訳電話を短いタイムラグで提供可能になる」と説明。
P1080359

ドコモクラウドとして紹介した新サービスは次の4点。

(1) 「しゃべってコンシェル」の新バージョン。音声で入力した質問に対して、回答を推測する機能を強化。6月より無料で提供。

(2)メール翻訳コンシェル。英語、韓国語、中国語から対応。

(3)フォトコレクション。5GBまで無料。8月提供。 Evernote、Eye-Fi、HighCam(日本ではじまる新たな動画編集サービス)と連携。

(4)dマーケット。8月よりマルチデバイス化。

新サービス*アニメストア*の説明にはかなり時間を割いていました。7月より開始、月額420円でアニメコンテンツが見放題。角川歴彦氏が登壇。詳細は別エントリ(NTTドコモと角川書店の合弁会社で「アニメストア」運営、角川以外のコンテンツも提供)にて。

MUSICストア セレクション
月額315円で2000曲が聴き放題の新サービスを7月より提供開始
P1080387

スマートフォンの安心・安全にも取り組む。次の3点。

(1)ドコモあんしんスキャン。ウイルスチェックに加え、危険なサイトへのアクセスも警告。

(2)スマートフォンあんしん遠隔サービス、対応機種拡大。

(3) スマホお悩みサポートメニューの提供。

GALAXY S III SC-06D
サムスンの最新機種Galaxy SIIIのドコモ版。6〜7月発売予定。ドコモ山田社長が最初に紹介した機種。「Galaxyシリーズで初めてXiとオサイフケータイに対応」(山田社長)。4.8インチと大画面ながらスリム。ハイスペック・薄型軽量を追求するならこの機種になりそう。展示会場でも人気がありなかなか触れない機種でした。
P1080522

Xperia GX SO-04D
ドコモ山田社長が2番目に紹介した機種。「Xperiaシリーズで最初にXiに対応」(山田社長)。おサイフケータイにも対応。画面サイズは4.6インチ。
P1080517

らくらくスマートフォン F-12D
シニア向けにカスタマイズし、料金プランも新たに設定したという意味で、特別な注目に値するAndroid機です。実機の展示がありましたが、諸事情によりコールドモックの写真を。
P1080462

Xperia SX SO-05D
LTE搭載ながら95gと軽量で、手にすると図抜けて軽さを感じる。画面サイズ3.7インチ、解像度は960 × 540 画素。Xperia rayがさらにコンパクトになった感じ。写真のモデルはオレンジの外装がキュート。小型の機種が好みの人、特にXperia rayが気に入っていた人には一押し。8月発売予定。
P1080476

Xperia SX SO-05D(背面)
P1080477

ARROWS X F-10D
クアッドコアCPU搭載。4.6インチ。Android4.0搭載機ながらHOME、MENU、BACKの3キーは健在。
P1080519

REGZA Phone T-02D
P1080525

AQUOS PHONE ZETA SH-09D
独自UIの「Feel UX」搭載。
P1080511

AQUOS PHONE sv SH-10D
NOTTV対応。
P1080506

ELUGA power P-07D
画面サイズ5インチながらベゼルを狭くして片手持ちできるサイズに納めた。急速充電に対応。
P1080508

Optimus Vu L-06D
アスペクト比4:3の5インチ画面。NOTTV、Xi、おサイフケータイに対応。
P1080516

Optimus Vu L-06D
上記モデルのコミック『ジョジョの奇妙な冒険』とのコラボモデル。
P1080513

P1080514

MEDIAS X N-07D
NOTTV対応。厚み7.8mmとスリムなのが売り。山田社長プレゼンでは「全部入りハイスペックスマートフォン」と説明。 P1080479

Optimus it L-05D
スマートフォンが初めての人向け。全部入りでコンパクト。
P1080482

AQUOS PHONE st SH-07D
(この機種だけ、写真を撮り漏らしました・・・)

ELUGA V P-06D
P1080466

ARROWS Me F-11D
P1080463

F-09D ANTEPRIMA
ファッションブランド「ANTEPRIMA」とのコラボモデル。
P1080464

ELUGA Live P-08D
Android4.0搭載10.1インチ防水タブレット。
P1080504

HW-01D
キッズケータイの最新機種。文字入力機能を充実させた。
P1080496

モバイルWi-Fiルーター L-04D
P1080502

SH-06D NERV
春モデルの「エヴァンゲリオン」コラボケータイも展示。
P1080501

「しゃべってコンシェル」新バージョンの説明
「意図解釈」を強化し、より高度な検索に対応。
P1080523

「しゃべってコンシェル」新バージョンでは次のような質問にも回答を返すようになったとのこと。
P1080524

追記:
この日の発表会の映像をUstreamの録画で見ることができます。
NTTドコモ 2012夏モデル 新商品・新サービス発表会

Ustreamではこういう番組も。
NTTドコモ 2012夏モデル 新商品・新サービス レビュー: 司会 遠藤諭さん 石田紗英子さん、ゲスト 柿崎修道さん

|

« 「次期Nexusは5機種?」──背景にGoogleの対メーカー戦略変更、アプリ開発者は困惑気味 | Main | NTTドコモと角川書店の合弁会社で「アニメストア」運営、角川以外のコンテンツも提供 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NTTドコモ発表会で聞いた「ドコモクラウド」概要と17機種のAndroid4.0搭載機をだいたいメモ:

« 「次期Nexusは5機種?」──背景にGoogleの対メーカー戦略変更、アプリ開発者は困惑気味 | Main | NTTドコモと角川書店の合弁会社で「アニメストア」運営、角川以外のコンテンツも提供 »