« App StoreからScratchが削除された後、開発チームは何をしたのか | Main | 有料Androidアプリの市場規模はiOSの1/10以下か »

続・iOS版Scratch──オープンソースで公開中、セルフビルドできれば利用可能です

子ども向けプログラミング環境ScratchのiOS版がApp Storeから削除された後の物語を記事にしたのですが、その後、iOS版Scratchはオープンソースとして公開されていることを知りました。

発端となったのは、この記事です。

App StoreからScratchが削除された後、開発チームは何をしたのか

このBlog記事に対して、ScratchのサークルOtOMOや、SqueakのコミュニティSqueak-ja、Squeakland.jpで活動を行っている阿部和広さんからご指摘をいただきました。そこで教えていただいたのが、「iOS版Scratchはオープンソースで入手できる」ことです。作者のJohn M. McIntosh氏と阿部氏は10年来の交流があるとのこと。

Scratch のプロジェクトを iPhone/iPad 上で動かせる Scratch.app for iOS

ソースコードは、iOS版開発者のJohn M. McIntosh氏のgithubが公開されています。

https://github.com/johnmci/Scratch.app.for.iOS

iOSデベロッパーアカウントを持っていて、ソースコードからビルドして実機で動かす環境があれば、誰でもScratch.appを動かせます。

Scratchのワークショップでも、セルフビルドしたiOS版Scratchを活用しているとのことです。

スクラッチ x iPad ワークショップ at 西町インターナショナルスクール

また「Scratch2.0」が近いうちにリリース予定という情報も頂きました。Flashを使って作り直し、SNSやクラウドサービスと統合するとのこと。Flashが動くAndroidでも動作するようになります。

|

« App StoreからScratchが削除された後、開発チームは何をしたのか | Main | 有料Androidアプリの市場規模はiOSの1/10以下か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75235/54819088

Listed below are links to weblogs that reference 続・iOS版Scratch──オープンソースで公開中、セルフビルドできれば利用可能です :

« App StoreからScratchが削除された後、開発チームは何をしたのか | Main | 有料Androidアプリの市場規模はiOSの1/10以下か »