« 時を超えてペンコンピューティングが蘇る──ブロガー向けGalaxy Note活用法セミナーを覗いてみた | Main | 「次期Nexusは5機種?」──背景にGoogleの対メーカー戦略変更、アプリ開発者は困惑気味 »

取材メモ:au夏モデル発表会は新サービス「ビデオパス」「うたパス」を売り込み、Android4.0搭載スマートフォン5機種はアッサリ紹介

KDDIが開催した「au発表会2012 Summer」を取材しました。新サービス2種類、Android4.0搭載スマートフォン5機種、タブレット1機種を発表。FacebookのOpen Graph対応を積極的に進めていくことも明らかにし、対応アプリ3種も披露しました。

KDDIは、先の発表会で「auスマートパス」構想を打ち出しました。au IDを軸に、ブロードバンドと込みの場合にスマートフォン利用料金を1480円値引く「auスマートバリュー」、月額390円でアプリ取り放題の「auスマートパス」の2件のサービスを発表。両サービスとも最近利用者数100万を越えたとのこと。

今回の発表はその続きで、月額590円で映画などのコンテンツが見放題の「ビデオパス」、月額315円で音楽聴き放題の「うたパス」という2つのサービスの説明に説明会のほとんどの時間を費やしました。

また、Facebookとの連携強化も発表。Open Graphを使い、利用者の活動をよりリアルタイムに伝えていくアプリを作っていくとのこと。展示会場では、Facebook対応アプリとして「Fashion WALL」「Run & Walk」「COLOR」の3種のアプリを紹介しています。

今回、5機種の新Androidスマートフォン、1機種のAndroidタブレット、3機種のフィーチャーフォンも同時に発表していますが、発表会では非常にアッサリした扱いでした。

Androidという切り口からは、スマートフォン5機種、タブレット1機種がいずれもAndroid4.0搭載である点に目がいきます。Android4.0ではUIデザインを今までとは一新したのですが、各機種のUIにはかなりカスタマイズが入っていて、よく言えば個性的、悪く言うと相変わらずバラバラです。「Android4.0以降ではUIを統一していく」という話が一時期よく流れていたのですが、今回の機種群をみると、もう気にしていない感じですね。

以下、発表会の流れに沿って写真で紹介していきます。

田中孝司社長
「auスマートパス」が2カ月で100万ユーザーを獲得したことは、コンテンツ系では結構速いペースではないか、と自画自賛。
P1080127

発表会では、剛力彩芽さん(写真左)、伊勢谷友介さん(写真右)、写真には写っていませんが司会の赤坂泰彦さん、KDDI代表取締役執行役員専務の高橋誠さんによるトークショーを開催。伊勢谷友介さんは、ドラマでの白洲次郎役、高杉晋作役が強い印象に残ってます。
P1080255

HTC J ISW13HT
今回発表の機種ではなく、先の4月20日に発表した機種ですが、会場の入り口に最も近いブースに展示していました。写真は白モデルですが、一緒に展示されていた黒モデルは外装背面がマットな仕上げで独特の持ち心地、この感触は気に入りました。高級イヤホン同梱と、0.7秒起動のカメラが売り。
P1080281

AQUOS PHONE SERIE(セリエ) ISW16SH
NFCとFeliCa搭載。NFCを使いスマートフォンどうしで情報を交換するAndroid Beamにも対応。SoCは1.5GHz動作のMSM8660A(Snapdragon S4)。画面サイズ4.6インチ。ディスプレイデバイスは新開発の「高透過CGSilicon液晶」、透過率を20%向上させて明るく鮮明、バックライトが省電力とのこと。319ppi(pixcel per inch)の高解像度。ベゼルが狭く、大画面の割に小ぶりの本体。WiMAX対応。66×126×11.2mm、約136g。防水。独自UI「Feel UX」を搭載。カメラは1211万画素裏面照射CMOS。
P1080288

ARROS Z ISW13F
画面サイズ4.6インチ。SoCは1.5GHz動作のTegra3(クワッドコア)。WiMAX対応。67×135×10.6mm、約145g。防水。カメラは裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」。
P1080286

URBANO PROGRESSO(アルバーノ プログレッソ)
受話口がなく画面全体が振動し“雑踏の中でも聞きやすい”とする「スマートソニックレシーバー」が特徴。WiMAX対応。画面サイズ4.0インチ。64×125×10.8mm、約139g。防水。
P1080282

AQUOS PHONE SL IS15SH
スライド型で、フィーチャーフォンと同様のテンキー操作が可能なスマートフォン。マナーモードもキー操作で移行できるなど。画面サイズ3.7インチ。58×121×14.8mm、152g。防水。
P1080280

AQUOS PHONE CL IS15SH 展示会場では本機種のみ実機ではなくコールドモックを展示。メモリー液晶搭載。画面サイズ4.2インチ。65×132×8.9mm、約132g。防水。
P1080285

REGZA tablet AT500/26
Android4.0搭載、1.3GHz動作Tegra3搭載、10.1インチ、590g、WiFiモデル(3G非搭載)
P1080264

FacebookのOpen Graphに対応するランニング系アプリRun & Walk
P1080274

FacebookのOpen Graphに対応するファッション系アプリFashion WALL
P1080271

FacebookのOpen Graphに対応する動画配信系アプリCOLOR P1080277

追記:
発表会では、「Smart TV Box」と名付けられたAndroid4.0搭載STB(セットトップボックス)のイメージ映像を流していました。もちろん今回発表の新サービス「ビデオパス」にも対応し、この夏からトライアル開始とのこと。ただし実機の展示はありませんでした。

|

« 時を超えてペンコンピューティングが蘇る──ブロガー向けGalaxy Note活用法セミナーを覗いてみた | Main | 「次期Nexusは5機種?」──背景にGoogleの対メーカー戦略変更、アプリ開発者は困惑気味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75235/54716599

Listed below are links to weblogs that reference 取材メモ:au夏モデル発表会は新サービス「ビデオパス」「うたパス」を売り込み、Android4.0搭載スマートフォン5機種はアッサリ紹介:

« 時を超えてペンコンピューティングが蘇る──ブロガー向けGalaxy Note活用法セミナーを覗いてみた | Main | 「次期Nexusは5機種?」──背景にGoogleの対メーカー戦略変更、アプリ開発者は困惑気味 »