« Java対Android訴訟、Oracle側の弁護士は司法省対Microsoft裁判で名高いDavid Boies氏、同氏はかつてSCO側弁護士も務めた | Main | Androidマーケットの有料アプリ販売はまだ厳しい──有料アプリの76%は販売本数50未満、値付けの最頻値は0.99ドル、キャンセル率20〜30% »

Oracle-Google訴訟についてBlogメディアPublickeyに寄稿しました

BlogメディアPublickeyに寄稿しました。

OracleがGoogleを訴えた理由、「AndroidはJavaと競合する」はどういう意味だろうか

今回の訴訟に関する、本Blog各エントリの総集編です。現時点で見通しを得たい方は、まずこの記事から目を通されることをお勧めします。

追記:本記事はライブドアのBLOGニュースサイト「BLOGOS」に転載されました(記事へのリンク)。

|

« Java対Android訴訟、Oracle側の弁護士は司法省対Microsoft裁判で名高いDavid Boies氏、同氏はかつてSCO側弁護士も務めた | Main | Androidマーケットの有料アプリ販売はまだ厳しい──有料アプリの76%は販売本数50未満、値付けの最頻値は0.99ドル、キャンセル率20〜30% »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Oracle-Google訴訟についてBlogメディアPublickeyに寄稿しました:

« Java対Android訴訟、Oracle側の弁護士は司法省対Microsoft裁判で名高いDavid Boies氏、同氏はかつてSCO側弁護士も務めた | Main | Androidマーケットの有料アプリ販売はまだ厳しい──有料アプリの76%は販売本数50未満、値付けの最頻値は0.99ドル、キャンセル率20〜30% »