« 書評『ネット・バカ』:文系によるネット脳批判書には他人が気付かないヒントが秘められている、かもしれない | Main | Ruby2.0の足音 »

Oracleの対Google訴訟のため今年のJavaOneではGoogle勢は欠席、「非常に残念」とJoshua Bloch

GoogleのBlogにて、Joshua Bloch(『Effective Java』の著者、JavaOne名物企画Java Puzzlers主宰)がGoogleの公式オープンソースBlogで次のように書いている

残念ながら、我々は今年のJavaOneに出席できない。我々は出席したいと願っているが、OracleがGoogleとオープンソースを訴えたことにより、我々はJavaの未来やオープンソース一般について自由に意見を共有することが不可能となった。

JavaOneは、Java開発者コミュニティ最大のお祭りであるが、今年は旧Sun Microsystemsを買収したOracleが主催する。Oracleと訴訟で争う立場にあるGoogleは、もはやJavaOneで自由に喋ることができない。

Joshua Blochは、Java言語を作り、普及させる上での最大の功労者の一人だ。Java言語仕様のasertやenumのスペック・リードを務めている。『Effective Java』、『Java並行処理プログラミング 』と高評価のJava技術書の著者だ。「Java Puzzlers」はJavaOneの人気企画だ(『Java Puzzlers』という本にもなっている)。それに、GoogleはJava言語のビッグ・ユーザーだ。Gmailを始め多くのGoogleのサービスでJavaが使われている。

彼らがJavaOneに参加できないのは、何かが間違っている。

|

« 書評『ネット・バカ』:文系によるネット脳批判書には他人が気付かないヒントが秘められている、かもしれない | Main | Ruby2.0の足音 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Oracleの対Google訴訟のため今年のJavaOneではGoogle勢は欠席、「非常に残念」とJoshua Bloch:

« 書評『ネット・バカ』:文系によるネット脳批判書には他人が気付かないヒントが秘められている、かもしれない | Main | Ruby2.0の足音 »