« 退職とBlog引き継ぎの件 | Main | BEAが狙うのは、オープンソースと商用ソフトのブレンド戦略 »

BEAが「近くRubyに関して発表がある」と言及

本日、BEA SystemsのBill Roth氏(副社長兼BEA Workshop事業部門ゼネラル・マネージャ)の記者会見に参加しました。開発者イベントDev2DevDaysの開催に合わせて開かれたものです。

内容は、日本で本日発表となる「ブレンド・ソリューション」に関する説明でした。一言で言えば、オープンソース・ソフトウエアをBEAの開発ツール製品やプラットフォーム製品でサポートすることにより、結果としてBEAのソフトウエア製品も売る、という戦略です。オープンソースと競合するのではなく、協調する戦略です。

さて、この記者会見の最後、Bill Roth氏は、次のように述べました。

「日本発のイノベーションに関して、近いうちに発表がある予定だ。我々の顧客も、Rubyには大きな関心を持っている。日本を、市場としてだけでなく、イノベーションが起こる場所としても大きな注目を持って見ている」。

BEAからRubyに関する言及を聞くとは思っていませんでした。本日最大のサプライズです。

詳細はまだ不明なのですが、勝手に予測するに、考えられるパターンは、

(1)アプリケーション・サーバー製品BEA WebLogic Platformが、JVM(Java仮想マシン)上のRuby処理系であるJRubyを正式サポートする。

(2)開発ツールWorkshopが、RubyによるフレームワークRuby on Railsの開発支援機能を提供する。

といったところでしょうか。

いずれのパターンにせよ、もしBEAが本気でRubyをサポートしたとすれば、エンタープライズ分野でRubyがブレイクが加速するかもしれません。

追記:補足のエントリを書きました。当エントリをご覧になった方は、合わせてこちらもご一読頂ければ幸いです。



|

« 退職とBlog引き継ぎの件 | Main | BEAが狙うのは、オープンソースと商用ソフトのブレンド戦略 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BEAが「近くRubyに関して発表がある」と言及:

» [IT]BEAとBlue Dragon [CTOのつぶやき]
WebLogic上でBlue Dragonが利用できるようになりました。 http://www.bea.com/framework.jsp?CNT=pr01653.htmFP=/content/news_events/press_releases/2006 Blue Dragonはご存知ない方も多いかと思いますが、CFMLで記述された ページをJavaや.netに変換して実行することができるアプリケーション サーバーです。つまり、Adobe(旧Macromedia)のColdFusio... [Read More]

Tracked on April 20, 2006 11:55 AM

« 退職とBlog引き継ぎの件 | Main | BEAが狙うのは、オープンソースと商用ソフトのブレンド戦略 »