« 退職とBlog引き継ぎの件 | Main | BEAが狙うのは、オープンソースと商用ソフトのブレンド戦略 »

BEAが「近くRubyに関して発表がある」と言及

本日、BEA SystemsのBill Roth氏(副社長兼BEA Workshop事業部門ゼネラル・マネージャ)の記者会見に参加しました。開発者イベントDev2DevDaysの開催に合わせて開かれたものです。

内容は、日本で本日発表となる「ブレンド・ソリューション」に関する説明でした。一言で言えば、オープンソース・ソフトウエアをBEAの開発ツール製品やプラットフォーム製品でサポートすることにより、結果としてBEAのソフトウエア製品も売る、という戦略です。オープンソースと競合するのではなく、協調する戦略です。

さて、この記者会見の最後、Bill Roth氏は、次のように述べました。

「日本発のイノベーションに関して、近いうちに発表がある予定だ。我々の顧客も、Rubyには大きな関心を持っている。日本を、市場としてだけでなく、イノベーションが起こる場所としても大きな注目を持って見ている」。

BEAからRubyに関する言及を聞くとは思っていませんでした。本日最大のサプライズです。

詳細はまだ不明なのですが、勝手に予測するに、考えられるパターンは、

(1)アプリケーション・サーバー製品BEA WebLogic Platformが、JVM(Java仮想マシン)上のRuby処理系であるJRubyを正式サポートする。

(2)開発ツールWorkshopが、RubyによるフレームワークRuby on Railsの開発支援機能を提供する。

といったところでしょうか。

いずれのパターンにせよ、もしBEAが本気でRubyをサポートしたとすれば、エンタープライズ分野でRubyがブレイクが加速するかもしれません。

追記:補足のエントリを書きました。当エントリをご覧になった方は、合わせてこちらもご一読頂ければ幸いです。



|

« 退職とBlog引き継ぎの件 | Main | BEAが狙うのは、オープンソースと商用ソフトのブレンド戦略 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BEAが「近くRubyに関して発表がある」と言及:

» [IT]BEAとBlue Dragon [CTOのつぶやき]
WebLogic上でBlue Dragonが利用できるようになりました。 http://www.bea.com/framework.jsp?CNT=pr01653.htmFP=/content/news_events/press_releases/2006 Blue Dragonはご存知ない方も多いかと思いますが、CFMLで記述された ページをJavaや.netに変換して実行することができるアプリケーション サーバーです。つまり、Adobe(旧Macromedia)のColdFusio... [Read More]

Tracked on April 20, 2006 11:55 AM

« 退職とBlog引き継ぎの件 | Main | BEAが狙うのは、オープンソースと商用ソフトのブレンド戦略 »